xSAN

          D0c9b2d15c611c7c763b0c3652484692_2

前回、”たかがインターネットのために”、と書いたが今回もLANの話だが、ちょっと違うのは”共有ドライブ”のために構築する””STRAGE AREA NETWORK”についてだ。

上記は「Xsan」ではじめるシンプルで安価なSAN構築 という記事の実質的な構成図だ。この図ではMacプロが並んでいるが作業用のもので、ネットワークとストレージを管理しているのは、OS X Server上のxSANだ。

この記事も若干古いが、Xsanと訊けば思い出すのが、「X-serve」で、以前”蘇る「Xserve mini」”という、形だけかっこいいと思って載せた記事には、たいしたことは書いていないが、SONNET TECHのソリューションを使うかどうか、あるいはこれでMacOS Severを走らせるか否かも含めて、検討の余地はあるものの、まず小さい会社のSANとして選択肢の第一に入る。G5の時代から、「X-serve」がある業界では極めて重宝していたのが良く理解できる。

Mac mini with Thunderbolt Technology

Sonnetの「xMac mini server」は、若干システムが古くなっているところが、また妙にいいところでSANを格安にあげたいものにとっては、組あわせ次第で非常に有力なものになる。

NASに写真や動画や大事なファイルを保存したり、TimeMacineで利用したりしている方も多いのでは。私が社内で構築したいのは、ほぼそれと同じで、めちゃめちゃ高速で大容量のNASをお安く出来ればと考えているところなのです。

いやー、Macは素晴らしい! なんてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA