MacOSとWindows CUDA比較

Windows 10+Nvidia Driver と MacOS 12.6+Nvidia Driverを「CUDA-Z」で比較してみました。
上がMac,下ががWinで、パフォーマンスを見てもほぼ、誤差の範囲内だとわかり結構驚き。私は「GeForce GTX TITAN X」を使っていますが、ぎりぎりこれまでは、ドライバがちゃんと当たっているのが分かります。

さて、起動時に何もしなくてもリンゴマークが出るという「GeForce RTX 2080 Ti」は、完全に「Fermi」の延長から脱却したようで、本当のパフォーマンスを知りたくて、遙か昔ここで自作しようと思っていたPCに入れてみました。PCI express Gen3 ×16のフルスペックです。残念ながらMacOSでは、メモリーすら認識できていない状況です。

パフォーマンスは3倍から一桁アップしています、データだけでは比較にならないので、何か複雑な圧縮をかけて比較したいと思っています。

ITが小型化する中で、個人的には結果的に大きなユニットと電源が机の上を占領することになるので、MacProTowerをおすすめしますが・・・、どうしても外部アクセラレーターを付属したいなら、コレまで無名の会社だったAKITIOがそろえるラインナップは、機能を絞り込んでいるというところが話題を呼んでいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA