APPLE IMAGE WRITER II

やっとずっと欲しかった「APPLE IMAGE WRITER II」を買ってしまった!
以前、インクリボンをオークションで買ってもらった方が「リナックス」で動作するのでとドライバを送って下さったのだが、当方にはその知識がなく、いつかOS7で遊ぼうとタンスにしまったつもりだった。
ところが最近、妙に懐かしくなり検索エンジンで調べるとどうやら「Snow Leopord」で動作するらしい、それも「Apple Talk」経由で。ということは「Bonnjoule」経由でネットワークプリンターとして蘇る訳だ!
ところが肝心なときに見つからない。どうも段ボールごとカミサんが捨てた可能性が大だ。(一般的に大事な機械を「ヨメが捨てる」という表現をとる場合、「機会音痴な女」と同義語として使われますが、うちの連れは「Mac Plus」を改造してハンダでメモリを増設するような奴なので、誤解はないようにしておきます)
いろんなコネで探し出し、手に入ったか!と思った矢先に、ゆうパックの運送事故。郵便局は弁償か修理代負担かといってきたので、当然「修理です」とお願いした。
しかし話はそう簡単ではない。昔、仕事で付き合いのあった「ビット・システムズ」に電話すると、そういう仕事はもうやってないという。つまり真っ当なアップルお墨付きの修理屋さんになってしまったのだ。このご時世ではやむを得ない選択だっただろう。
次に考えたのが代々木の某店。結構近いので良く通ったが「見積もりを出す」というお返事。ここは輸入雑貨に強いが、ちょっと機械に強いか不安だった。まあ地の利だけ生かして仕入れの倍だけ利益をむさぼる「Vintage Computer」に比べれば、良心的ではある。
最後に行き着いたのが「NEXTRO」こと「五州貿易」さんだ。この時代に商売を続けていられること自体、奇跡的だと思うが予算内で修理を引き受けてくれたのは、ここだけだった。超アングラなところに行き着いたわけだが、本当に苦労して積極的に修理を試みてくれた。だが、半年間パーツ取りの「ゴミImage Writer」を探そうにも「秋葉原にImage Writer IIがないんです」という。
私は絶叫してしまった!
秋葉原に「Image Writer II」がないって! どういうことやねん!
そんなこんなで、3代目の「Image Writer II」がやってくる。
久しぶりに楽しい買い物が出来て、ワクワクしているところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA