17歳の宿題

このブログを訪れる方の殆どが、PC用のグラボにMacのROMを焼く方法を検索されてたどり着かれているのは、重々承知している。

「なんで書いてないんだ!」と怒れる諸氏も多かろうと、ずーーーーーと気には留めていた。よし書こうと思ったとたん、あなたは何を持っていてなにができるのか?という素朴な疑問に行き当たった。

そこで「MacPro大好きでグラボの販売をしたい!」と相談を受けた、京都の某高等専門学校の生徒さんが、始めてGTX680Mac版の製作にトライして成功した時の記録を書いて貰うことにした。写真も残っているそうでやる気十分だったが、まだ届いていない。

というわけで、嫌みな大人はネットからプレッシャーを与えるのである。

が、学業が忙しくて難しいということ。

基本的にグラフィックカードの書き込みは、MS-DOSという古いOSで行うので、私はWindowsマシン上でしか行ったことはない。それで、Mac Proは検証専用で、ROMの書き込む作業をしたことがないので、某高等専門学校の生徒さんの証言をもとに段取りだけ書いておこうと思います。

1)MacProのSATAにHDDかSSDをFAT32でフォーマットし、MS-DOS(ファイル3つ)を入れる。そこに、NVFLASHとROMデータを入れる。

2)他のディスクを外し、ブートさせる(するらしい!)

3)書き込みコマンドを打つ。

彼によればNVFLASH FOR WINDOWSはダメらしい。

ご参考になればと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA