自分がとんでもなく格下に思えた瞬間

僕がBlackMagicのカメラの外部バッテリー(12V)を、やはりビデオ機器で使われるソニーやキヤノンのバッテリーでと考えているとき、ネットでは携帯電話のチャージャーを使うという人が多く、時代だなと思っていた。
ただ、非常に粗悪なものに当たったことがあるのでサードパーティーのバッテリーは、決まったところでしか買ったことがない。

さて今度、電気関係の製品を扱うかも知れないので、勉強がてら「電工ペンチ」と「ギボシ」キットを購入、ハンダの届かない空中でしっかり配線する技術を学んでいた。アマゾンで一番売れているのを買ってみた。使いたかったのは図の左上の車などでよく見るタイプのものだった。
分からなかったのは

DC12V/200W以下
DC24V/400W以下

というボルテージ(V)が上がると対応ワット(W)数が上がると言うことだった。夜中にLINEで国立大学の理系を卒業した友人にそのことを聞いてみた。以下は、その返事で僕が研削したわけではない。

電線そのものの規格は電流で定義されるよ。AC100Vで100W必要なら、電流は1Aだけど、そのときのDC12Vの場合の電流は100/12=8.3Aにもなる。
電線の発熱は電流の2乗に比例するので、約64倍も発熱する。だから、電線は太くなる。ワットでなく、電流で選ぶ所以だね。

30年前、日本橋を隅々まで歩き回った二人の人間の知性が、これほど開いてしまっていることに愕然とした。勉強はした方が言いようだ・・・それで、ついでにいうと5Vの出力が多い充電式のバッテリーの総容量(W)が非常に大きい場合、僕の友人の式に当てはめて、どこかに問題は無いか十分に検証された方がいいと思う。

まじ奴の回答、映画のセリフみたいに出来とんなw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA