nVIDIAドライバーをインストールする、証明書の書き換え&本気モード

「MacBook Pro」や「iMac」に組み込まれたクラウドをサインオフにするには、勇気がいるでしょう。そういう方々のために、本気のインストール方法をお教えします。
・ドライバをインストールしたい製品ももちろん、同じApple IDでログインしているパソコンは電源を切ってください。(*下記参照)
・nVIDIAの「ドライバ」をインストールする前に「CUDA」をインストールする時に証明書を書き換えます

Part1 証明書の書き換え

おさらいをされたい方は、ここをお読み下さい

インストーラーが、こういう状態になったら「証明書を表示」をクリックします。

左の上に、小さな白い四角がありますのでそれにチェックを入れます。

確認のため、上のプルダウンが「常に信頼」になっているのを確かめ、インストールを終了します。

PART.2 ドライバを見つける

ここまでは行き着くけれども(SEARCH)を押して、ダウンロードしてもインストール出来ない。10.12.6の攻防ですが、そのままにして於くと、Sierra以降も同じ事が続きます。

「ドライバー選択画面」

その場合、このマックについて−>概要−>バージョン 10.12.6 ->それをクリックします。この(16G29)が今のOSのバージョンになります。

上記の「ドライバー選択画面」に戻り、下の段の「Beta and Older Drivers」をクリックします。

同じく、Quadro K5000 for Mac を入れて「SERCH」します。

これだけ、12.6のバージョンがありました。(16G29)は、一番下にありました。iMacやMacBook Proも試してみては如何でしょう?

(*)可能ならここで特にiPhone、iPadなどのデバイスを電波の届かないところ、例えば「電子レンジ」などに入れてください。加熱する必要はないので「電子レンジ」の電源は切っておきましょう。出し忘れて加熱しても当方は一切責任を負いません。特に必然という訳ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA