マックを固定電話にする「X-LITE」

MacBookProに別のパーティションを切って、10.10をセットして遊んでいたら、たまたまiPhoneに電話がかかって来て、デスクトップに応答表示が出てびっくり!

作業中に携帯を取りに行く面倒から解放されるのだから、この機能には正直脱帽しました。でも、こちらからは掛けられないよね、今のところ。

SafariScreenSnapz002-2014-11-2-04-20_4.jpg

しかし、まだ動作の不安定なソフトウェアが多いので、10.9以下でも似たようなことが出来ます。

そこでデスクトップ、ラップトップのMacを発着信可能な「固定電話」にする。これは発信も着信も自在、番号表示も固定電話のままなので、とても便利。

その前に、自宅の電話を使用する場合、NTT東西日本の「フレッツひかり」と「ひかり電話」サービスを利用している方に限定される。「KDDI」がんばれよ!

MacJournalScreenSnapz001-2014-11-2-04-20_4.jpg

というわけでこのサイトから「X-Lite」をダウンロードしてインストール。

設定の前にブラウザで、ルーターに「192.168.1.1」でログインし、「電話設定」->「内線設定」をクリック。

SafariScreenSnapz001-2014-11-2-04-20_4.jpg

通常、内線番号3~7が空欄になっていると思う。今回は6番に登録するつもりなので、編集ボタンを押す。

と次のような内容が現れると思う。「ニックネーム」の「MBP」は「MacBookPro」の略だから、好きな英数字を入れればいい。

webnaisen-2014-11-2-04-20_4.jpg

ここで「X-LITE」の「Preferences…」の「Accounts」を開き左下の「+」ボタンを押して、

内線番号ー>USER iD

ルーターアドレスの「192.168.1.1」ー>Domain

パスワードはー>Password

Display nameー>0006

Authorization Name->0006

に入力し、OKボタンを押す。

X-LiteScreenSnapz001-2014-11-2-04-20_4.jpg

以下のようにStatasが緑に変わったら、通じた証拠です。

X-LiteScreenSnapz002-2014-11-2-04-20_4.jpg

すっごい便利!!!

これはご存じの方も多いでしょうが、

iPhoneのアプリAGE Phoneで同様のことが出来る。

これを「SIPプロトコル」を使った「VOIP」というが、余り日本では普及しなかった。

「SIPサーバー」というのは欧米で腐るほどあり、使い方次第でかなり電話代が安くなる。

Skype電話もビジネス関係では「SIP」が使える。

格安SIMで活用したい通話アプリまとめ――無料VoIPアプリ編

という記事に流行のVOIPアプリが紹介してあり、とても参考になる。

ネットワーク経由で電話を取り付けるものは、古くからあって、

1__$!@!__SafariScreenSnapz001-2014-11-2-04-20_4.jpg

「LINKSIS」のこれが代表的だろう。

どうも欧米の方々は、世界中に電話をかけるのが好きらしくて決して珍しいものではないようだ。

ドラマ「24」のCTUでは「CISCO」の内線を利用していたようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA