クールとホット

色々なメディアで「クール・ジャパン」あるいは「Cool Japan」を良く目にする。またそれを合い言葉に、盛り上がったり盛り下がったりしている。

[人間拡張の原理]という有名な本があるのだが、その前書きはこう始まる。

ジャック・パー(著名なコメディアンで、テレビの司会者)は次のようなことを語っている。ある時、 彼は顔なじみの少年に、「なんで君たちは”ホット”という意味で”クール”ということばを使うんだい」と聞いた。するとその少年は「だって、 おじさんたち大人が、僕たちの生まれる前に、”ホ ット”ということばを使い古しちゃったからさ」と答えた。今日では、「クール」ということばは、 以前には 「ホット」ということばで表わしていたものを意味するようになったのは事実である。・・・続く

京都の景観は「クール」だけれども「(萌え系)アニメキャラ」は「クール」の中にいっしょにしていいのかと疑問に思う。というのは、僕にとってジェームス・ディーンは「クール」だが、マリリン・モンローは「ホット」だと思う。マリリン・モンローは絶対「クール」じゃないと思うのだ。

ちなみに「人間拡張の原理」は五〇年前の本なのだけれど・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA